【Social kitchen】Working Group 1「震災/原発」

Information

This article was written on 01 2月 2012, and is filled under イベント・勉強会, 展覧会「京都市長選挙」.

展覧会「京都市長選挙」
開催概要

2012年2月5日に京都市長選挙があります。
4年に一度の市長選挙。これはこのまちのリーダーを決める、京都市の大統領選挙です。

みなさんは誰に投票しますか。どんなことを材料に選びますか。
よく考えてみれば、候補者の政策公約はもちろんのこと、そもそも京都市がいまどんな状況にあるのかわからないと、選べないような気がしませんか。

そこで、京都市の現状と問題点、ふたりの候補者それぞれの政策について知るための展覧会を開催することにしました。この選挙の争点は何なのか。わたしたちが知っておくべきことは何なのか。わかりやすく伝えられればと思います。
そしてわたしたちのまちの運営について、考えるための場をつくりたいと思います。

展示会初日レポート。会場の様子をご紹介しています。

特報!PR映像はこちらから

1月4日京都新聞で紹介されました。

展覧会「京都市長選挙」へのご感想・ご意見はこちらから。(たくさんのご来場ありがとうございます!)

関連イベント

1/29(日)開演15:00(開場14:45) 投げ銭制
選挙落語
ソーシャルキッチン寄席 即興三題噺大会 お題は会場から当日募集
屯風亭とんぺい&馬鹿頭の会 精鋭 >> イベント詳細

 

2/2(木)20:00 – 22:00 500円(1ドリンク付き)
勉強会:選挙プランナーに聞く、選挙。
滋賀県知事選挙における嘉田由紀子(現:滋賀県知事)さんの選挙プランニングを担当された松田馨さんをお招きして、選挙の裏側をうかがいます。このイベントは手話通訳があります。 >> イベント詳細

 

2/4(土)17:30 – 19:00 500円(1ドリンク付き)
展覧会「京都市長選挙」アーティストトーク
作品解説や創作の原動力など、さまざまな話をご質問も受け付けながら進めていく予定です。>> イベント詳細

 

展覧会作品ダウンロード

下記のリンクから展覧会作品のPDFファイルをダウンロード出来ます。

ランチョンマット(10.2MB)

ポスター(9.8MB)

4コマ漫画「選挙ちゃん」はこちらから

 

Social Kitchen ワーキング・グループ①「震災/原発」

「Social Kitchen ワーキング・グループ①震災/原発」は、昨年3月11日の震災と原発事故のあとにはじまった、市民のゆるやかなあつまりです。この展覧会は、グループとして特定の候補者を支持するものではありません。大事なことを丸投げしないために行われる、京都市の現状と未来に関する実験的な試みです。

 

日時:2012/1/22(日)‒2/5(日)12:00‒22:00(日曜のみ 21:00 まで。月曜/火曜休廊)
場所:Social Kitchen 1F(TEL:075-201-1430)
住所:京都市上京区相国寺門前町 699番地
主催:Social Kitchen ワーキンググループ①「震災/原発」
デザイン:松見拓也(犯罪ボーイズ )

 

フライヤー


選挙運動と政治活動の違い

当イベントは選挙運動ではありません。選挙運動と政治活動の違いについて、ご紹介させて頂きます。

—————————
政治上の目的をもって行われるいっさいの活動を政治活動といいます。ですから、広い意味では選挙運動も政治活動の一部です。しかし、この2つは行為としてたいへんよく似ていますが、公職選挙法では選挙運動と政治活動を理論的に明確に区別しており、それらを定義付けすると次のようになります。

選挙運動
特定の選挙について、特定の候補者の当選をはかることまたは当選させないことを目的に投票行為を勧めること。選挙運動期間中のみ認められる。

政治活動
政治上の目的をもって行われるいっさいの活動から、選挙運動にわたる行為を除いたもの。

公正な明るい選挙を実現するため、選挙運動にはさまざまな規制があります。しかし、政治活動には必要最小限の規制のみが行われます。これは、日本国憲法において国民の思想・信条・表現の自由が保障されているためです。
(千葉県浦安市公式サイトから抜粋)
—————————

Share on Facebook

コメントは停止中です。