Kyoto Experiment: 池田亮司インタビュー

Client
Kyoto Experiment  
Category
Web  
Type
E → J

インタビュー:池田亮司 × ステファン・ロス

Interview: Ryoji Ikeda x Stephane Roth

あなたが「Superposition」に数学的なコンセプトを巧みに織り込んだその方法を具体的に説明してもらうことは可能ですか?

 

それは難しい相談です。第一、私はコンセプトを明示したいとは思っていません、それは鑑賞者を妨げることになりますから。私はアートを言語に置き換えることはできないと思っています。そのような言語化行為はアートの価値とは無関係です。私たちはアートのある部分については言葉を使って正確に語ることができます。しかしそれでもその作品のもっとも深い部分は語られないままです。しかし確かに私は「Superposition」のいくつかの側面については、とりわけプロジェクターに映し出されたテキストや記述によって示唆をしています。しかしあくまである側面についてだけです。ただはっきりさせておきたいのは、私は決して芸術的な手法で科学的理論を表現、もしくは証明しようとしているのではないということです。量子力学は私の楽曲制作に欠かせない役割を果たしています。しかしそれはそのことを理解していない鑑賞者には意識されないままで、しかもそれは作品を楽しむことを全く妨げません。鑑賞者はすべてを目にすることができ、何も見逃しておらず、何かを隠されてもいません。彼らは彼ら自身の歴史や文化、見、聞き、匂いを嗅ぎ、味わい、愛したものに基づいて鑑賞するでしょう。総括して言えば、たとえ私の作品が科学的、数学的な理解を基礎に構築されたものであっても、私は常に生身の経験を表現する余地を残しており、私の意識は常に対象に、鑑賞者に向けられています。

 

実のところ、量子力学や量子論は作品の「テーマ」というよりも楽曲を構成する情報です。作品とはそのような志向の集合体、また鑑賞者がおのおのの見解によって把握する(もしくはしない)効果の集合体なのです。伝えたいメッセージなどはありません。鑑賞者の上に立ち、操作したいという思いもありません。ただ人々の思考に何ものかを呼び起こしたいだけなのです。

(ウェブサイトからテキスト一部抜粋)

Is it possible to give a description of the way you manipulate mathematical concepts in “Superposition”?

 

That would be very difficult. In fact, I don’t want to make it explicit, because that might disturb the spectator, distort their experience. I don’t think art can be put into words, which IS no doubt what makes it valuable. We can talk about certain precise aspects of things, but the deep meaning of any artwork remains unspoken. True, I suggest a few directions in “Superposition”, notably by projecting texts and definitions, but that’s about it. I really want to make it clear that I am not trying to artistically represent or demonstrate a scientific theory. Quantum mathematics play a key role in my approach to composition, but they will be invisible to any spectator who doesn’t understand them and that won’t stop them enjoying the work. They will have seen everything, nothing will have escaped them, nothing will be hidden from them. They will construct their own understanding, out of their own history, their culture, based on what they saw, heard, savored, loved, etc. Generally speaking, even if they are founded on scientific or mathematical notions, my works always leave room for personal experience and are always aimed at a subject, a listener, a beholder.

 

In fact, quantum mathematics and physics are not so much the “theme” of the work as the data constituting its composition. The result IS a set of orientations, of effects that the beholder grasps (or doesn’t) according to their own lights.

 

I don’t have a message to give, or any wish to dominate or control listeners. I just want to challenge people’s thinking a bit.

(Extract from web text)