KYOTO Design Lab(D-lab):展覧会キャプション

Client
KYOTO Design Lab(D-lab)  
Category
Others  
Type
J→E

2015年度京都工芸繊維大学大学院 建築学専攻・デザイン学専攻修士制作展キャプション

Kyoto Institute of Technology, Master's Program of Architecture and Design: 2015 Graduation Works Exhibition Captions

「小さな家」は建築遺産でもあるが家でもある。今は見学者はいても住人は存在しない。構造物としてそこにあり続けているにも関わらず、寝る人もいなければ食事をする人もいない。それは“家としての「小さな家」”の死とは考えられないだろうか。
本書は、コルビジェ自身によるテキスト「土地と出会い」と「母への愛」、そして時間軸を超える三章「1923」「1983」「2023」によって構成される。各章は、それぞれ異なる視点、文体、レイアウト、紙、印刷方法で構成され、読者が知覚的かつ身体的に各年代における家の変化を経験できるような構造を持たせている。この構造を通して「小さな家」の100年を疑似的に体験していく。

 

(展覧会キャプションから抜粋)
Photo ©Kanako Takimoto

Villa Le Lac is both an example of architectural heritage and a house. Yet today, there are no residents, only visitors. Though it continues to exist as a structure, no one sleeps and eats there. Does this mean the death Villa Le Lac?
  This book consists of Le Corbusier’s own writings (“Encountering Land” and “Love for Mother”) and three chapters (“1923,” “1938,” and “2023”) that transcend time. Each chapter has a very distinctive perspective, writing style, design layout, paper, and printing method, with a structure that enables readers visually and physically to experience how the house changed in each period. Through this, readers relive Villa Le Lac over the span of a century.

 

(Extract from exhibition captions)
Photo ©Kanako Takimoto