KAB Dialogue インタビュー/対談

Client
Kyoto Art Box  
Category
Web  
Type
J→ E

鼎談 松本雄吉+三浦基+橋本裕介 「都市と演劇」

Three-Way Dialogue: Yukichi Matsumoto, Motoi Miura & Yusuke Hashimoto “Theater and the City”

橋本:そういうテキストを扱う場合、稽古場で何か変わったところは実際にありますか。

 

三浦:今までは翻訳というフィルターを通して、いかに自分たちの日本語にするか、自分たちの言葉にして発語するかというのが、作業だったんだけど、日本語の作家のテキストをやっていると翻訳の必要がなくなっちゃうんだよね。翻訳の必要のないテキストというものが、具体的な作業ではけっこう難航しますね。別役実の作品も、ちょっとだけ引用したりもするんだけど、匂いというものが日本語なだけに分かった気になってしまうんです。その分かった気になることが危ない。チェーホフとかイプセンをやっていると、分からないんですよ。前提として分からなくて、注釈によって知識のレベルで理解することもあるし、感情の部分の台詞でも、ある程度わからない部分があって、それをどういうふうにトレースしたり、あえてトレースしないのか、というのが、主な作業になるんですけど。つまり等価でいられるんですね、作家に対して。日本の作家、特に太宰なんか、僕は両親の実家が秋田県だから、それこそむちゃくちゃ知ってる。何となく皮膚感覚でわかる。それこそ叙情的に解釈しちゃう。ロシアやノルウェーだったら、等距離でいられたような気がするけれども、ことに青森ってなっちゃうと、作業的には自分がどういうふうに捉えているか、俳優に「ここは叙情でいきます」とか、「ここは魂の叫びです」とか、その理由も一応説明して(笑)。自分が俳優にプレゼンテーションしなければいけない部分が出てきたのは、最近の稽古の特徴かもしれません。

Hashimoto: Did using texts by these writers cause any actual changes during rehearsals?

 

Miura: Till now my work has been about using the filter of translation to look at how to articulate a foreign text into our Japanese, into our words. But using texts by Japanese writers means you do not need to translate. Yet the concrete work with these texts that don’t require translation turned out to be very tough. When citing work by Minoru Betsuyaku even just a little, I thought I understood his work simply because it was Japanese. Thinking you understand like that is dangerous. When staging Chekhov or Ibsen, I don’t understand the texts at all. And that’s the default. I try to understand the texts at an intellectual level by reading notes and even for dialogue that is emotional, there are parts that I do not understand to a certain extent. How to trace this – or not to trace it at all? This is my main work. For writers, you can be on a par with them. With Japanese writers, particularly someone like Osamu Dazai who is from Aomori, I know his context really well since my parents are from Akita. I kind of understand at the surface level and so my interpretation is lyrical. If it was Russia or Norway, I could maintain equidistance. But with Aomori, how am I to understand it in terms of how I work? When I tell the actors that this part will be lyrical, this part a yearning spirit, I then have to explain the reason too [laughs]. A characteristic of my recent rehearsals is that I have to give presentations to the actors.