Early Morning Musings By Keisuke Ozawa

Client
Arts Initiative Tokyo (AIT)  
Category
Catalogue  
Type
J→ E

「明け方の計略」展 冊子翻訳

Early Morning Musings Exhibition Publication

慣れた世界に別れを告げ、自らを信じ、導かれるようにして何か大切なものを追い求め、世界がどうなっているのかを知ってゆくダヴィッドの物語に、僕はうまく息を継ぐことができず、はらはらしながら読み進めていたことだけは覚えている。そうした、か弱くも勇気に満ち溢れた佇まいが、若き芸術家たちと重なって見えたのだろうか。この、先行きがわからないながらも歩みを進めてゆくこと、それが、今、何かを告げているように思えてならない。というのも、人は、ビッグデータによって構築あるいは最適化されるものに世界を見るようになり(ビッグデータの外に世界はあるのか?)、2020年の巨大なスペクタクルによって設定されたカレンダーを生きているように見えるからだ。そこには、予測不可能なことはなく、すべてがコントロールされているように見える。僕には、この、世界から消えてゆく不確定さを芸術家が担わないとするならば、いったい誰がそれに向き合うというのであろうかという思いがある。

 

小澤慶介(アートト)
(冊子からの抜粋)

 

Photo:Yukiko Koshima

Bidding farewell to his familiar world and filled with conviction, David goes in pursuit of something of great significance as if guided by some invisible force, and comes to learn the workings of the world. It was so suspenseful that I remember feeling breathless as I read it. Fragile yet full of courage, his character somehow seemed to mirror that of the young artists included in this exhibition. I couldn’t help thinking that their act of stepping forward despite an uncertain future conveys a certain message today. People have come to view the world as something built from or optimized by big data (is there even now a world outside big data?), and seem to live according to a calendar established for the spectacular event happening in 2020—the Tokyo Olympic and Paralympic Games. In such an age, it seems that nothing is unpredictable and everything is controlled. If artists do not bear the burden of confronting uncertainty that is disappearing from the world, then who will?

 

Keisuke Ozawa (art to)

(Extract from document book)

 

Photo:Yukiko Koshima