“Discordant Harmony” Artist bio and Statement

Client
Goethe-Institut Korea  
Category
Others  
Type
E → J

「ふぞろいなハーモニー」展覧会用テキスト

"Discordant Harmony" Exhibition Text

ヤン・ジュン
ヤン・ジュンは、アラン・レネの映画『ヒロシマ・モナムール』(1959)を《The Age of Guilt and Forgiveness》の参照先、あるいは出発点としている。広島の原爆に関するドキュメンタリーの製作を委託されたレネは、マルグリット・デュラスに、広島の記憶とトラウマの問題を扱う、恋愛映画の脚本を依頼した。《The Age of Guilt and Forgiveness》は、大戦後70年を経た現代日本という立ち位置から、歴史、とりわけ歴史の重荷を見つめる試みである。主に広島で撮影され、恋人同士の会話からなるこの映像は、20世紀日本の歴史、地政学的状況が変化した後の、日本の役割というテーマを映し出している。この作品はまた、罪悪感―個人的、集団的な、また過去・現在の罪悪感について―問いを投げかける。さらに国家的、あるいは個人的な歴史における「赦し」というテーマも扱っている。

 

 

 リュー・ディン
《1988 (Language as the Issue)》では、絵画、4面が青色に塗られた木箱、3つの銅棒、ラミネートされた大量のポストカードサイズのカラー印刷物を含むオブジェが、高めに設置された展示棚の上に、まるで静物画のモチーフのセットのように陳列される。アーティストがはるか昔のスタイルで描いた水墨画のキャンパスが背後に置かれ、それが部分的に銅棒によって支えられている。印刷物のテキストは「85年ニューウェーブ運動」後に起こった「言語の純粋化」をテーマとするディスカッションから抜粋されている。このディスカッションは、芸術言語について熟考することを、芸術実践についての可視的な議論へと変換するものであった。美術教育機関に属するアーティスト、政府お抱えの批評家、インディペンデントな批評家、そして85年ニューウェー以降に出現した若いアーティストが、各自の意見を表明するために前に出た。この議論は、1989年の中国アヴァンギャルド展後、徐々に忘れ去られることとなったが、議論の過程では、芸術的言語の問題が試金石となり、様々な価値システムの立脚点を映し出していた。

 

(アーティストステートメントからの抜粋)

Yang Jun

Yang Jun takes Alain Resnais’s film “Hiroshima Mon Amour” (1959) as a reference and starting point of “The Age of Guilt and Forgiveness.” When commissioned to make a documentary on the atomic bombing of Hiroshima, Resnais instead invited Maguerite Duras to write a screenplay for a romantic film dealing with the issues of memory and the trauma of Hiroshima. “The Age of Guilt and Forgiveness” is an attempt to look at history, particularly the burden of history in the context of contemporary Japan’s position, more than seventy years after the end of WWII. Mainly shot in the city of Hiroshima, this film stages a conversation between two lovers to comment on twentieth-century Japanese history and Japan’s role in a changed geopolitical situation. It also addresses the question of guilt—personal and collective guilt of the present and the past—and the idea of forgiving in a relationship, in national and in personal history.

 

Liu Ding

“In 1988 (Language as the Issue)”, a group of objects, including a painting, a wooden box painted blue on four sides, three copper sticks and a pack of postcard-sized laminated color printouts are arranged on a raised platform to appear like a setup for a still life painting. In the background is a watercolor painting on canvas done by the artist that appears in the style of a water ink landscape painting from afar, partly propped up by copper sticks. The excerpts of texts on the printouts came from the discussion arising in the aftermath of the “85’ New Wave Movement” on the subject of “purification of language”, turning the deliberation on artistic language into a visible debate on artistic practice. Artists in art academies, state-employed art critics, independent critics and, young artists emerging from the “85’ New Wave” came forth to express their views. This discussion died down gradually after the 1989 China Avant-garde Exhibition. In the process of debate, the issue of artistic language became a touchstone, reflecting the footholds of various value systems.

 

(Extract from the project’s artist statements)