「ダレン・アーモンド 追考」展カタログテキスト

Client
AKAAKA Art Publishing, Inc.  
Category
Catalogue  
Type
J → E

うたかたと永遠

The Ephemeral and the Eternal

 アーモンドはこのように権力によって決定されたシステムとしての「時間」、そして時間そのものが本質的に有している「不可逆性」に対して写真や映像といった手段を用いて介入し、人間の頭と身体にプリセットされてしまっている厳格で機械的な「時間」に柔軟性を回復させる。そして、「いま、ここではない」時空間へとわたしたちを導くことで、逆説的に「いま、ここ」を相対的に感受する回路を拓く。

 

 例えば3つの映像で構成されるインスタレーション作品〈Less Than Zero〉(2013年)。モノクロの二つの画面のうち、ひとつには作業服を来た男たちが、溶鉱炉のような設備の前で作業をしている様子が、そしてもうひとつの画面には吹雪の車道や、人気のない雪原の風景が淡々と流れている。どう見ても楽しげな風景とは言い難いこの二つの画面の間には、高熱で溶けた鉱物が滝のように流れているカラーの映像が流れている。(図4)そして男女の声による「兵器」「外交」「経済」「文化」「アイデンティティ」といった言葉が映像のBGMとしてループする。

(カタログからテキスト一部抜粋)

 

テキスト:高橋瑞木

Using tools such as photography and video, Almond intervenes in this “time,” the system set by authority, and also this “irreversibility,” the fundamental quality that time possesses, restoring flexibility to the strict and mechanical “time” pre-installed in the human mind and body. And by leading us to a time and space that is not in the present, paradoxically the artist actually opens up a path for receiving a more relative sense of the “here and now.”

 

For example, there is the installation work “Less Than Zero” (2013), which consists of three videos. There are two monochrome videos; one shows men wearing work clothes working in front of equipment that looks like a blast furnace, and another video presents detached landscapes—a road in a snowstorm and a sparse snowfield. In between these videos, which feature scenery we would never call “enjoyable,” there is one color video showing a stream of melted minerals. (Fig. 4) There is a looped soundtrack of male and female voices repeating “weapon,” “diplomacy,” “economy,” “culture,” and “identity.”

(Extract from catalogue text)

 

Text: Mizuki Takahashi