Camden Arts Centre × AIT 『回る世界の静止点で』冊子翻訳

Client
Arts Initiative Tokyo (AIT)  
Category
Others  
Type
E → J

『回る世界の静止点で』

At the still point of the turning world...

形は空虚であり、空虚は形である。

陶器はもっとも初期の文化形態のひとつであるが、今日においてもその機能の重要さはまったく変わらない。その原型、材質と卓越した形態は、しばしば身体を意味し、また身体に仕えているという面において、身体と結びつけられる。明らかに無生物である物体(陶器の壷)と、はかなく、しかし絶え間なく反復される動き(ダンス)との緊張関係は、陶工の回すろくろにおいて視覚化される。ろくろはダンスそれ自体のように、表現を生み出すための反復運動(絶え間なく円形の台を回す運動)とゆっくりした手つきが用いられる。ここで言う運動とは、単に置き換えているのではなく、むしろその場に起きている生成の感覚を意味している。まるで、ゲオルギイ・グルジエフが神聖なダンスのひとつだと認めた、ポーズや身振りに埋め込まれた真実を時代を超えて伝えるという、あのくるくると回転するイスラムの修行僧のようである。

 

ジーナ・ブエンフェルド(カムデン・アーツ・センター)

(リーフレットからの抜粋)

Form is emptiness. Emptiness is Form.
The ceramic vessel is one of the earliest cultural forms whose functional relevance is no less current today – an archetype whose material and formal primacy connects it to the body which it often signifies and towards which it exists in servitude. The tension between seemingly inanimate objects (the ceramic pot) and fugitive yet perpetually reiterated movement (dance) is made visible in the potters’ wheel which, like dance itself, uses repetitive movement (the eternal movement of a spinning circle) and deliberate gesture to create expression. Movement here does not imply displacement, but a sense of becoming which happens on the spot, much like the whirling dervishes – one of the sacred dance movements identified by Gurdjieff, as conveying truths embedded in postures and gestures through generations.

Gina Buenfeld, Camden Arts Centre (CAC)
(Extract from brochure text)