AIT: フォーラム記録冊子翻訳

Client
Arts Initiative Tokyo (AIT)  
Category
Web  
Type
J→ E

アートが息づく場の内と外: 「アートセンター」の意味と役割を考える

In and out of the scene: Seven art centres working through art from the edges

本ラウンドテーブルにおいて、私は相互に関連する3 つの問いを提起した。1) 私たちは今日、アートやアーティストとどのような関わりを持って活動をしているのか? 2)広義のパブリックやコミュニティとどのように協働しているのか? 3)アートセンターを「考える機械」(カムデン・アーツ・センターディレクター、ジェニー・ロマックスの言葉を引用)と考えることは可能か? 当日は、まず、ブエンフェルドが、カムデン・アーツ・センターの歴史的経緯と、現在における活動の概要を紹介し、その後、AIT を含む東京を拠点とする7 つの自律した美術機関が議論に加わり、これまでの経験や今後の考えを共有した。そのなかで、アーティスト・イン・レジデンスや批評的なリサーチ・ワークショップ、アーカイブの構築、アートスクール、アーティストのためのスペースなど、幅広いモデルが紹介された。

 

1960 年代のアートセンター全盛期を振り返ると、アートセンターの活動は、民主化や都市化、市民参加という国内政治に組み込まれてもいた。この時期、イギリスでは、ジョン・バージャーの「Ways of Seeing」(1972 年、BBC)という急進的なテレビ番組が放映されていた。この番組は、さまざまな意味において、アートが対話のプロセスや相互主観性、関係性として捉えられていく転換を予知していた。アートセンターは、グローバル化する資本や情報という現代の文脈のなかでどのように捉えることができるだろうか?おそらく、「センター」とは、物理的な空間としてのみではなく、「中心化する」活動、つまり、静止点、時間的な集中点であるということをも指し示しているのではないだろうか。
ロジャー・マクドナルド (AIT)
(リーフレットからの抜粋)

I proposed to ask three interlinked questions through the roundtable: a) how do we work with art and artists today? b) how do we work with broader publics and communities? c) can we think about art centres as ‘thinking machines’ (in the words of Camden Art Centre’s Director Jenni Lomax). I invited Gina to give a brief overview of the historical and current activities of Camden Arts Centre. Seven Tokyo based independent arts organisations, including AIT, were invited to participate and share their experiences and ideas for the future. A broad range of models was represented, from artist in residency programs, critical research workshops, archive-building, art schools and artist based spaces.

 

The heyday of art centres in the 1960s was also embedded in a national politics of democratization, urbanization and participation. This was the era of John Berger’s radical ‘Ways of Seeing’ (1972, BBC television), which in many ways heralded a shift towards art as a process of dialogue, inter-subjectivity and relations. How can we think about art centres in the contemporary context of global capital and information? We can perhaps suggest that a centre today not only points to a physical point in space, but also to an activity of ‘centering’, to a sense of stilling and concentration in time.

Roger McDonald, AIT.
(Extract from brochure text)