ベーシックインカム世界ネットワーク日本版掲載テキスト

Client
Ryo Yamamori Lab, Doshisha University  
Category
Web  
Type
E → J

フリーカルチャーとベーシックインカムは、 同じ戦いである!

Free Culture and Basic Income:same fight!

ベーシックインカムが掲げる重要な理念とは、既存する価値の創造を抜きにして、誰も何も作り出すことはできない、という発想だ。すなわち、全ての人が非市場活動で生み出した価値を受け取る、権利があるのだ。

 

人道の肩の上に立つ 

その理由は、知的財産権への反論にも似ている。知的財産権縮小論の焦点は、著作権侵害者の駆除が非効率的なことや、作家の保護に有効でないことを論じている。また、既存の作品があってこそ、新たな創造が生まれると述べているのだ。シャルトル学派の学者であるベルナールのメタファーによると、我々は皆「巨人の肩の上」に立っているのである。すなわち、全ての作品は、それ以前の作品を元に、または着想を得て創られており、作品のオリジナル性を「所有」しようとすることは間違いであると唱えている。

 

見えざる窃盗
現在の経済システムはこの方向に逆行している。例えば、起業家は企業が生産する価値の唯一の責任者であり、株主たちは生産される利益を手にする。だが、会社の成功には、公共インフラや既存の制度、そして偶然性があってこそだということを忘れてはいないだろうか。

 

インターネットひとつをとってみても、素晴らしいネットワークを支えるのは、リナックスのようなオープンソースのソフトウェアや、TCP/IPのようなオープンプロトコルのはずだ。ウィキペディアも同様にネットユーザーには欠かせない大きな存在だが、興味深いことにこうしたサービスは非営利目的で開発されており、公共のものとして作られている。だが、企業はこうしたツールを収益増収のために利用しているのだ。

 

収益を得ることが問題だといっているわけではないが、考えてみてほしい。ソフト開発やウィキペディアのために無償で時間を捧げたひとびとは、その自発的な動機から、膨大な価値を生み出した。だが、これらの収益を受け取るのは彼らではなく、サービスを利用する企業なのだ。私はこうした企業の行為を「見えざる窃盗」と呼んでいる。

 

ベーシックインカム世界ネットワーク 日本版(掲載予定):

http://tyamamor.doshisha.ac.jp/bienj/bienj_top.html

Basically, the basic income relies on the idea that no one can create without any previous creation of value. And thus everyone deserves a dividend for the non-market value he creates.

 

 

Standing on Humanity’s shoulders
A reasoning that is curiously very similar to the one of intellectual property detractors. People who defend the downsizing of intellectual property rights not only argue that cracking down on piracy is inefficient, doesn’t protect the artists and so on. They also claim that one cannot create anything without the help of previous artworks. As Bernard of Chartres’ metaphor says: We are all “standing on the shoulders of giants”. Thus, it is not correct to pretend to “own” an artwork since it was also built upon or at least inspired by previous works.

 

 

The invisible theft
The current economic system however, tends to presume the opposite. An entrepreneur for instance is the only one responsible for what his company create as value. Thus, shareholders get the most of it. What we often forget is that companies also succeed thanks to other factors such as public infrastructures, previous innovations, and chance.

 

If you look at the internet, you may see that most of this fascinating network relies on a huge part on free open source softwares like linux, and open protocols like TCP/IP. More broadly, Wikipedia is also a great tool that is of great value for every internet user. What is interesting is that these things were built as a common, ie. not for profit. For a large part however, companies are using these tools for making profit.

 

I’m not saying making profit is bad. But here is the tricky thing: some people spent time for free to develop softwares, contribute to wikipedia, they created a lot of value out of nothing but their self motivation. And while most of these people didn’t get money, the companies that are using it definitely do. This, is what I would call the “invisible theft.”