国際芸術センター青森 マニシャ・パレク カタログテキスト

Client
Aomori Contemporary Art Centre (ACAC)  
Category
Catalogue Web  
Type
J→ E

日常と創造のための変奏

Variations for Daily Life and Creation

日本で紹介されるインドのコンテンポラリーアートは、自国の政治的・社会的状況を背景にしたり、物語性と具象性の伝統を反映したりした作品が多い。実際そうしたインド以外の国によってコード化された「インド的要素」を取り込むことは、国際的なアートシーンにおける戦略でもあるのだろう。そうした状況の中、マニシャ・パレクは、私的な記憶や無意識を背景に還元的で抽象的な傾向をもつ作品を制作しており、それはインド絵画における具象的・物語的絵画の大きな流れの中で幾何学的な抽象表現を追求し続けたナスリ―ン・モハマディ(1937-1990)にも連なる。

(カタログからテキスト一部抜粋)

テキスト:近藤由紀

The Indian contemporary art that is showcased in Japan is often art placed within the context of India’s political and social circumstances, and that reflects the traditions of the narratological and the figurative. In fact, assimilating these “Indian elements” codified by countries other than India is surely a strategy within the international art scene. Manisha PAREKH, though, is creating artworks that tend towards the reductive and the abstract, against a backdrop of personal memories and the unconscious, and this connects with Nasreen MOHAMEDI (1937-1990), who pursued geometric and abstract forms of expression within the large drifts towards figurative and narrative work in Indian painting.

(Extract from catalogue text)

Text: Yuki Kondo