Perfectly Ordinary Stones, Carried For 1,300 Years

Client
Kunisaki Art Festival  
Category
Web  
Type
J → E

雨宮庸介アートプロジェクト ウェブサイト

Yosuke Amemiya Art Project Website

なんでもないものを使っているのは、この作品における原動力を「想像力」に限定したいがためです。祝祭で期待される高揚感や、疫病や災害を追いはらった神通力、闘争を勝ち残った政治性など、神仏への祈りや政治的階層へとつながる垂直方向への高揚感を放棄し、人間の持つ「想像力」だけに原動力を限定しようとするプロジェクトです。とは言え、いくつかの偶然が重なって、石を持っている人達が高い頻度で国の宰相になったり世界的な賞を穫ったりしたら、急にありがたがられてしまったり、悪い出来事によって急に忌み嫌われてしまったりもするかもしれません。しかし、基本的にそれら垂直方向への高揚感とは別の、人間が人間のことを考える水平方向への「想像力」に焦点をあてるべきだと考えました。次に引き継ぐであろう人への想像力、過去に持ち歩いたであろう人やその環境への想像力、同時期に違う場所で同じ経験をしているであろう人への想像力、石を持たずとも現時点で誰かが石を持ち歩いているんだという、水平方向への「他者への想像力」と、それらの想像力に支えられた、持ち歩くという最小限の労働に構成されて成立する「作品」です。さらに加えて、その「想像力」を加速させる為、石を持ち歩く人は、直接その石を視ないようにしたいと思います。そのため、石には金属製のカヴァーが施されています。その過程でもその石は誰にも視られぬよう細心の注意が払われました。ですので、1300年後までこの行為が続いた場合、初代の石を持ち運ぶ人が拾った時点で視た以外は持ち運ぶ人もまたそれを視る事ができない設定です。実際に視る事よりも視ない事の方が、より「想像力」への助けとなりうるであろう、という文字通り「意思」を持ち運ぶ人々の想像力を助長する装置としてこの事を加えました。

(ウェブサイトからテキスト一部抜粋)

Using something perfectly ordinary comes from wanting to confine the driving force of this work to the imagination that humanity possesses, abandoning the exaltation for the vertical elation linked with god-worship or political hierarchies, such as the euphoria we expect from festivities, the supernatural powers to exorcise pestilence or disaster, or the politics of victors. Saying that, due to a series of coincidences, if the people carrying the stones frequently became leaders of state or won international prizes, they might well then suddenly become very appreciated, or even abhorred when bad things happen. However, I considered that fundamentally the focus should be on something different to this exaltation for the vertical—the imagination for the horizontal where humanity considers humanity. This is an artwork created out of the minimum of labor of carrying something and which supports the imagination—imagining the people one assumes will take over, imagining the people and environment where we assume it was carried in the past, imagining the people we assume experience the same thing in a different place at the same time, imagining the other, though not possessing the stone oneself, horizontally, imagining that there is someone right now carrying the stone around with them. This was added as a device for fomenting the imagination of the people carrying an animus, since in fact not seeing is more conducive to the imagination than seeing.

(Extract from website text)