象の鼻テラス記録集 2012-2014 テキスト翻訳

Client
Spiral/Wacoal Art Center  
Category
Book Catalogue  
Type
J → E

象の鼻テラス記録集 2012-2014

Zou-no-hana Terrace Document Book 2012-2014

象の鼻テラスの運営コンセプトは「文化交易」である。
西欧近代文明との出会いの場であったこの地区の歴史を踏まえつつ、アートの創造性を生かしたまちづくりと文化交流の拠点となることを目指し、2009年のオープン以来、横浜市文化観光局の委託により、スパイラル/株式会社ワコールアートセンターが運営を行っている。
2009年から2011年の第1期に続く第2期、2012〜2014年の運営では、「横浜アートツーリズム新時代へ」をテーマに事業を展開した。「都市観光とアートの融合」、「海外の都市や文化機関との交流」、「地元企業や障害者施設とのコラボレーション」など、第1期の運営で形成された活動の骨格を発展的に継承しつつ、それらを「まち」、「市民」そして「世界」に開いていくことで、観光客にとっても、市民にとっても、開かれた創造活動の拠点となることを目指した。こうした活動の成果として、象の鼻テラスの来館者数、知名度は、この3年間で大幅に上昇している。

(記録集からの抜粋)

The concept behind Zou-no-hana Terrace is “cultural trade.”
  Inspired by the history of the area as a site for encountering western modern civilization, Zou-no-hana Terrace aims to be a hub for urban development that utilizes artistic creativity and cultural exchange. Since opening in 2009, Spiral/Wacoal Art Center has managed the facility on behalf of Yokohama City’s Culture and Tourism Bureau.
  Following the first period (2009-2011), the second period (2012-2014) further developed activities themed around creating a new type of art-based tourism for Yokohama. The second stage continued and evolved the foundations formed during the first period: fusing urban tourism with art, exchange with overseas cities and cultural institutions, and partnering with local business and social welfare facilities. The second period also aspired to expand these concepts by opening up activities to the city, local citizens, and the world, making the terrace an accessible creative hub for both tourists and citizens. As a result of these endeavors, visitor numbers as well as visibility have greatly increased.

(Extract from document book)