京都精華大学マンガ研究科 博士前期課程 科目構成

Client
Kyoto Seika University
Category
Web  
Type
J→ E

京都精華大学 英語サイト全リニューアル (1)

Kyoto Seika University English Website Renewal (1)

マンガ研究科の教育課程は、「マンガ理論特講」「マンガ領域特講」からなる専門特講科目があり、ここで多角的な視点からマンガを考察する力を培います。
専門研究科目では、実技系、理論系の院生それぞれが、自身のマンガに対するスタンスを確立していくことを目指します。

 

専門特講科目
マンガ理論特講 「マンガ研究の諸相」
日本国内外におけるマンガ研究を手がかりに、マンガとは何かを追究し、その定義の多面性に対する歴史的知識および方法論的考察力を高める。その上で、マンガ作品の具体的な分析を行い、それを通して諸理論の可能性と限界を検討する。

 

マンガ領域特講4 「クイアマンガ研究」
女性読者を主な対象として創作されたマンガ(少女マンガ、百合マンガ、レディース・コミックス、BLマンガ)をクイア理論的視点から分析する。また、これらの日本マンガが海外でどのように受容(または規制)されているかについて、トランスナショナル論から分析を行う。

Graduate School of Manga: Master’s Program Classes
The curriculum for the Graduate School of Manga’s Master’s Program features Special Lecture Classes such as the Manga Theory Special Lecture and the Manga Discipline Special Lecture, fostering the ability to consider manga from multilateral perspectives. Meanwhile, the Specialized Research Classes aim to help scholars establish their own stance and attitude towards manga.

 

Special Lecture Classes
Manga Theory Special Lecture “Aspects of Manga Research”
Using both domestic and international manga research as guidance, scholars pursue questions of what manga is, and advance their historical knowledge and methodological abilities regarding the multiplicity of its definition. Through conducting concrete analysis of manga works, students investigate the possibilities as well as limitations of each manga theory.

 

Manga Discipline Special Lecture 4 “Queer Manga Research”
Scholars analyze types of manga (Shojo manga, Yuri manga, Ladies comics, BL manga) targeting female readers from a queer theory perspective. Simultaneously, they analyze via transnational theory how these manga styles are accepted or regulated in foreign countries.