「ヂョン・ヨンドゥ 地上の道のように」展カタログテキスト

Client
Contemporary Art Center, Art Tower Mito  
Category
Catalogue  
Type
J → E

地上の道のように

Just Like the Road across the Earth

映像の中でマジシャンが語るのは、ヂョンが2013年1月に水戸に滞在してから展覧会のオープンまで、数度の来水の間に観察した水戸の街や人の観察を元に紡ぎ出された言葉だ。その言葉は、2011年の震災から、福島第一原発の原発事故による見えない放射能への不安、監視社会への変化、東アジアの政治的緊張関係、自然保護といった内容に、とても控えめに触れている。しかしマジシャンはこうした深刻な話題を提供しながらも、華麗な手品のパフォーマンスを続けるので、映像を見ている鑑賞者は、ついつい話の内容よりも目の前で繰り広げられる面白い手品に注目を向けてしまう。手品を見るとき、わたしたちはトリックがあると頭でわかっているにもかかわらず、それをないものとして目の前で繰り広げられる不思議な出来事にいちいち驚く。つまり、手品においてですら、私たちは目の前で見えていることのリアリティに騙されているこということであり、この点において手品は映像と同様の作用を鑑賞者にもたらす。

 

〈マジシャンの散歩〉は何層にも入り組んだ構造を持つ。ヂョンは映像の流れを途中でわざと中断することで、この映像があたかもドキュメンタリーのような印象を鑑賞者に与え、映像の中に映像的な性質をもつ人物=マジシャンを登場させた。そしてマジシャンは映像の鑑賞者に話しかけているように見えて、実はこの映像を撮影しているカメラマンの白鳥に話しかけている。しかしマジシャンが行う手品を、映像の鑑賞者は見ることができるが盲目の白鳥は見ることができない。この複雑さが、鑑賞者を混乱に陥れる。「いったい何が本当で、誰が何を見ているのか」と。 

(カタログからテキスト一部抜粋)

 

テキスト:高橋瑞木

What the magician says is based on Jung’s observations of Mito and its residents during his several visits to the city after he stayed for a month in January 2013. These words modestly touch on issues including the anxiety of the people towards invisible radiation caused by the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident, the surveillance society, political tensions between East Asian countries, and natural conservation. Although the magician presents these serious issues, he continues to perform his showy magic tricks, and viewers, instead of focusing on what is being said, cannot help but pay more attention to the interesting performance happening right before their eyes. When we watch magic tricks, even though we know in our minds that they are just illusions, we are still surprised by the mysterious things happening before our eyes as if it was not a trick at all. That is to say, even with magic tricks, we are tricked by the reality of what we see, and in this sense magic has the same effect on viewers as video.

 

“Magician’s walk” has several complicated layers. By intentionally interrupting the video in the middle, Jung gives viewers the sense that this video is a documentary film and has the magician appear who is someone with a filmic quality. The magician looks like he is talking to the viewer, yet he is in fact talking to Shiratori, the cameraman. Shiratori who is blind, cannot see the magic the viewer can see. This complexity bewilders the viewer: What is real and who is viewing what?

(Extract from catalogue text)

 

Text: Mizuki Takahashi