「はじまりの美術館」開館展記録集

Client
Hajimari Art Center  
Category
Catalogue  
Type
J → E

Hajimari Art Center Opening Exhibition Catalogue

Hajimari Art Center Opening Exhibition Catalogue

トークイベント「アール・ブリュットはなんでもあり?-わたしたちが表現者であることの可能性」
保坂健二朗 x 小澤慶介 x 岡部兼芳

 

◆「ブリュット」している、してない?
小澤:アール・ブリュットの場合、ある価値観を含むと言われましたが、「これはブリュットしている」あるいは「してない」というときの判断基準というのは、どのようなものですか?

 

保坂:少し逃げた答えになるのですが、たとえば一番奥に武田さんの割り箸を使った作品がありますが、あれは「ポコラート」※というアーツ千代田3331がやっている全国公募のなかで、美術家でアーツ千代田3331の統括ディレクターの中村政人さんが選んだ作品になります。実は、同じ時に審査員として関わっていた僕は選びませんでした。当時は確かまだ写真審査だったのですが、中村さんは「絶対これは凄い」と言われていて、でも僕は同じ写真を見ても「そんなに凄いかなぁ」と正直思っていたのです。しかしながら、いざ実際にアール・ブリュットにかかわるようになって、施設を訪れて創る現場を見たり、施設の人の話を聞いたりすると、どうもこれはいつも僕が美術を見る目で判断するのとはちょっと違うのではないかと思うようになりました。つまり、その人の日常のなかで作品が生まれているし、その作品に対して周りの人がどう関わっているかという事実と作品ができるまでの過程や環境をきちんと踏まえないと、作品の面白さというのが半減すると実感したのです。

 

 

小澤:では、その定義っていうのは、評価する人によって少しずつ違うのですか?

保坂:それは面白くて、例えば、岡部さんは美術を学んでいないですよね?実際、アール・ブリュットの美術館が日本各地にいくつかできていますが、働いている人たちの半分くらいは美術を学んでいない人たちです。美術の専門家じゃない人たちがその人たちなりに、僕らよりもある意味ずっと真剣に作品の善し悪しを考えるわけです。それで、その人たちの価値基準というのが生まれたときに、僕の判断とその人の判断はイーブンな関係にある。それは、何をアール・ブリュットとするかということに関して議論が開かれているというわけですから、僕らにとってもアートにとっても健康的であると言えるのではないでしょうか。僕が働いているような美術館では、共有すべき美術の準拠のようなものがあるので、そういう局面にあまり直面したことがないですけれどね。

(記録集からの抜粋)

Talk Event: “Anything Goes in Art Brut? The possibilities for us as artists”
Kenjiro Hosaka x Keisuke Ozawa x Takayoshi Okabe

 

◆ Art brut or not art brut?
Ozawa: You said before that art brut includes certain aesthetic standards. What are the criteria for saying one artwork is art brut while another one is not?

 

Hosaka: Well, this may sound like I am deflecting the question but there is work by Hiraku Takeda installed at the back of the exhibition space here. The work was selected for “POCORART,”* the open-call exhibition organized at 3331 Arts Chiyoda by the center’s director Masato Nakamura. I was involved in the selection process as a member of the screening jury, though I did not choose it. At that time, as I recall, the selection was based solely on submitted photographs. “Takeda’s work is great!” Nakamura insisted. Looking at the same picture, to be perfectly honest with you, I could not see what was so good about it. Yet as I have become more involved in art brut, visiting facilities to see where work is made and listening to those who work at the facilities, I have come to think that judging examples of art brut according to the same criteria normally used for viewing art doesn’t seem quite right. That is to say, work is born out of the everyday life of a person, and unless you take into account how the people around engage with the artwork, as well as the creation process and the environment, a lot of what makes the artwork interesting will be lost.

 

Ozawa: Does the definition of art brut differ depending on who is doing the evaluating?

Hosaka: That’s an interesting question. For example, Okabe does not have an art education, right? In fact, while some art brut art centers have opened around Japan, around half of those who work at these art centers do not have educational backgrounds in art. These non-experts in art think hard, in their own terms, about what is good or bad in an artwork, more genuinely than us. And when they come up with their own aesthetic standards, then my evaluation criteria and theirs even out. The fact that discussion on what makes a work art brut is wide open is very healthy not just for us, but for art in general. In a museum like where I work, there is a kind of compliance with shared aesthetics, so I have rarely encountered the situation I have just described.

 

(Extract from document book)