「工藤哲巳の宇宙論」

Client
National Museum of Art, Osaka  
Category
Catalogue  
Type
J→E

「あなたの肖像―工藤哲巳回顧展」カタログ

Your Portrait: A Tetsumi Kudo Retrospective Catalogue

工藤の初期作品の中で、先に述べた新しい論理からしばしばクローズアップされるのは原子物理学であるが、核分裂からもたらされる放射能による変容といったかたちで確実に作品に結び付くのは1960年代後半のことである。工藤がこの時期、自らの作品を成立させるためにより重要視していた論理は「集合論」であった。工藤がどの程度正しく、純粋に数学論的なレベルでその内容を理解していたのかを問うことは意味がないだろう。例えば、高松次郎が《点》という作品を生み出した時のように、工藤もカンバスに点を打っては自らの表現をどのように成立させるか悩んでいた。工藤は、点が集積していく画面を意味付ける論理を望み、数式から離れて、構造体や位相空間について数学理論として思考する道筋を付けたとされる論理である「集合論」に注目し、先の立体作品との造形的な関連性を感じさせる無数の紐の結び目とフィルムを巻いていたパトローネを画面に集合させた《黒メカから白メカへ、それから…》(From B1ack Mecha to White Mecha, then….)(1961)といった作品を生み出したのである。メカというのはメカニズムを簡略化した用語だと思われる。そして当時もたらされた物理学的知見に基づき紐とパトローネによる点を、物質を構成する最小の単位である素粒子の概念モデルとして考えたのであろう。

(カタログからテキスト一部抜粋)

テキスト:中井康之

Among Kudo’s work from his early period, the not infrequent focus by the aforementioned new logic was on nuclear physics, but it is in the latter half of the 1960’s that this is firmly linked to the artworks, in the form of the transformation through the radioactivity generated by atomic fission. During this time, Kudo’s logic was placing more emphasis on set theory in order to create his own work. It is meaningless to question the mathematical theoretical extent to which Kudo could correctly and genuinely comprehend it. For example, as when Jiro Takamatsu produced “Ten” (“Dot” or “Point”), Kudo was also placing dots in the canvas and was conflicted about how to establish his work. Kudo wished for a logic of signifying a surface where dots are accumulating, distancing himself from mathematical formulae to observe set theory, which is the logic of setting a path for considering structure and topological space as mathematical theory, and produced the work “From Black Mecha to White Mecha, then…” (1961), which assembled film cartridges on the surface coiled out of countless knots of string and films, evoking the formal association with the previous sculptural work. “Mecha” is here thought to be an abbreviated phrase for “mechanism.” And the dots created by the film cartridges and string based on physical findings from the time were likely considered to be conceptual models for subnuclear particles, the smallest unit that constitutes matter.

(Extract from catalogue text)

Text: Yasuyuki Nakai