はじめに

「サバイバル/Survival」は、Social Kitchen設立からの活動を振り返りながら、今までに直面した様々な問題点を整理、 公表、共有することでSocial Kitchenという小さな実践と、 そこから見えてくる社会の仕組みや世界の流れの両方について対話の場を開いていくプロジェクトです。

独立した経済活動によって「表現の自由」が保障される公共的空間を運営し、 その運営方法においても新しい組織のあり方や働き方を作ることが目的で始まった Social Kitchen。その経営状況がどんどんどんどん厳しくなりつつある現状を、どうやってサバイブ(生き抜く) していくのかを考える必然性に駆られ、このプロジェクトが生まれました。しかし、考えを進めていくにつれ、 私たちが拠って立つ暮らし、文化芸術や教育、自由な公共空間に対しての渇望、新しい働き方や組織のあり方、 正当な交換に基づいた小さな経済という考え方そのものが、今の社会の中で生き残っていくのかという問題でもあると考えました。 そうなってくると、これはSocial Kitchenだけの小さな話ではなくなってきます。逆に言うと、私たちの暮らしに 関わる文化、仕事、経済、生存、労働、表現の自由、政治、公共圏、というような手に負えないくらい根源的な事柄について、 議論し、問いを発し続けることがSocial Kitchenの生存において大きなヒントになるのではないか、そう考えています。

このプロジェクトは、主にウェブサイト上と、Social Kitchenで実施するレクチャーなど複数の催しから構成していきます。

コンテンツ一覧

next