Top > Media > Monthly Social Kitchen Vol.20 (2012.7)

Media

Monthly Social Kitchen

hanare

21世紀の公民館、Social Kitchenがお届けする月刊新聞。Social Kitchenの近隣約1000世帯にスタッフ自ら毎月ポスティングしています。

Monthly Social Kitchen Vol.20 (2012.7)

2012.07.22

 

vol20.jpg

 

【特集】

 

デモ金 〜金曜日夕方の新しい過ごし方【夏編】〜

読者の皆さんは毎週金曜日夕方をどうお過ごしですか?

 

・友人とご飯/飲みにいく
・家族とゆっくり家ご飯
・金曜日は映画
・普通に仕事、もしくは残業(ガーン)
・スポーツ観戦 などなど

 

 ぱっと見、なんか上の選択肢ってありふれているような、面白みが欠けているというか、ありきたりというか、そんな気がしませんか? もっと個性的に、もっと特別な金曜日の過ごし方があったら…。そんなふうに苦悩している読者の方って、実は多いと思います。そこで、デートも家族団らんも、意外性も、ソーシャルなちょっと先をいく感じも全部ひっくるめて、自分らしさを表現できる、そんな金曜日の新しい過ごし方を提案したいと思います。
ずばり、「デモ金!」です。そうです、「金曜日はデモ」の「デモ金」です。最近東京を中心にはやり出しているようで(関東ではやったから関西でもというのはちょっとあれですが…)、6月末のある金曜日には20万人以上の人たちが「デモ金」だったようです。大阪、京都、日本各地でも流行はますます大きくなってきてます。この波に乗り遅れるな! ということで京都の「デモ金」を紹介します

 

■「デモ金」ができる日時:毎週金曜日、17:00〜19:00
■「デモ金」ができる場所:京都駅前関西電力京都支社前
※もう少しすると市役所前でも「デモ金」オッケーになるかもです。
■「デモ金」に必要な持ちもの:特になし。※楽器が使える人は楽器を、素敵なポスターを印刷できる人はポスターを

「デモ金」を先に始めた人たちは、こんなことを言ってます。

●「ソーシャル」という言葉のドンピシャど真ん中、最先端にいる心地よさ
● 友達ができやすい/友達に会える
● 恋人や家族との絆が深まった
● クラスや会社で尊敬されるようになった
● 金曜日に京都駅周辺という都会にいるかっこよさ
● 大きな声で「再稼働反対」と街中で
叫ぶことができてストレス発散、爽快感
●ビールが美味しい などなど

 

 ソーシャル・キッチンのスタッフもこっそり「デモ金」始めています。毎週金曜日は、「デモ金」でお会いしましょう!

 

 

【1Fカフェからのお知らせ】

じゃがいも収穫

 

お世話になっている大原の「つくだ農園」さんが、食べる人と農家さんが一緒に野菜を育てる野菜のオーナー制度を取り入れておられます。オーナーは数回の農作業が体験できることで、ふだん何気なく食べている野菜の成り方を知れたり、間引き菜などの副産物が頂けたりと、楽しい経験と安心な食卓作りができます。農家の方も作る前から食べてもらえることが分かっていて安心ですし、たいへんな農作業を大勢ですることで負担が軽減できたりと、いいことがあります。

Social Kitchenでもじゃがいもオーナーに参加しており、先日暑い中じゃがいも堀りに行ってきました。小さい種芋から、たくさんのじゃがいもができていて驚きました。4種類のじゃがいもを植えたのですが、うち1種類は天候などのせいで不作で、大切に育てていても自然が相手なので思い通りにはいかないという大変さを垣間見ることができました。しかし豊作の種類もあり、たくさんの美味しいじゃがいもを頂いてきました。何を作ろうかとワクワクしています。自分が手を掛けたものを収穫するのは単純にとても嬉しいですね。


 ■紙面のダウンロードはこちら→vol20.pdf

TOP