Top > Media > [夢であいましょう-ある公務員の育児日誌] vol.8

Media

夢であいましょう

原 智治/Tomoharu Hara

1980年、京都市生。大学で画像情報システムを専攻。卒業後、メーカー勤務を経て、京都市入庁。現在は文化行政を担当。

Tomoharu Hara was born in 1980. He graduated from university where he majored in Image Information System. Tomoharu is currently works for Kyoto City, reforming the city's public hospitals.

[夢であいましょう-ある公務員の育児日誌] vol.8

2011.03.09

 少子化の進行が喧しく叫ばれていますが、私の周りでは、このところ出産が立て続いています。たとえば、私の職場には20人程の同僚がいるのですが、この1年半で6件の妊娠・出産がありました。(ちなみに、職場には子どもが4人いるという方も2人います。)友人・知人の状況も同様のようで、毎月のように子どもが生まれるという話を耳にします。私に20〜30代の知り合いが多いということもあるでしょうが、なかなかすごいことのような気がします。
 私は、いわゆる育児本をほとんど読まないので、子供の成長について、場当たり的な知識しかありません。とは言え、複数の子育ての様子を見ていると、乳幼児の成長についてのグラデーションが把握できるようになってきます。大体、このくらいの月齢になると子どもは発語を始め、立ち上がり、あるいは固形物を噛みしめるようになるのだな、と。

 娘は毎日何を考えて生きているのでしょう。もちろんそれを詳らかに知ることはできませんが、半分くらいは食べ物のことを考えているのではないかと思われます。
 食事の時間が来ると、あるいは食事の時間ではなくとも食べ物を目にすると、彼女は雄叫びを上げ始めます。早く口中に食べ物を入れやがれ、というやくざ者顔負けの恫喝です。特に公共の場でこれをやられると、もうたまったものではありません。我々は、ある限りの食物を彼女に略奪され、自分たちの食べ物すらまともに確保できなくなります。
 先日、念願かなって、久しぶりに焼肉屋に行きました。どういうわけか夫婦揃って肉への愛情がいや増しに増し、何とか焼肉屋へ行こうと算段していたのです。小さい子どもを連れて熱い鉄板のある所に行くというのは、なかなかリスキーなことに思え、躊躇していたのですが、諸条件を整え、とうとう我々は焼肉屋へ繰り出しました。もちろん娘は、まだ脂っこい肉は食べられません。彼女はもっぱら辛味抜きのビビンバを食べます。僕はハラミ。彼女、もやし。僕はロース。彼女、きゅうり。子どもというのは悲しいもので、肉のことをまだ知りません。我々は知っている。このときばかりは、ヤクザを出し抜いた気分になったものです。

 娘は、今まさに言葉を話し始めているところです。
 当初は世界の八割を「わんわん」と名指していましたが、今は、鳥類一般は「があがあ」と呼びます。ペンギンのように、ちょっとこれは難しいのではないか、と思われるものも、ちゃんと「があがあ」と認識しています。ライオンは「がー!」で、睡眠関係一般は「ねんね」です。「わんわん」と連呼していた頃はまだまだ学習も非効率的でしたが、最近は「これは○○だ、○○、○○」と何度か繰り返してやると、それを真似て発音します。こうなると進歩はいっそう加速されることでしょう。
 とは言え、彼女の発語はまだまだ不安定です。娘の発する音を正確に記述すると、たとえば、「Got, Gott! BAPPA! ゑ! わんわん! あ゛--------! GaaGa!」という感じです。つぶやくようなトーンの場合、あるいは、ほとんど歌声のように聞こえる場合もありますが、ざっくりまとめると、主に叫んでいます。
 言葉を話すということは、哲人の言を引くまでもなく、人間の存在の根本に関わります。発語は、いつも不可能性を伴います(「あなたが何を言っているのか分からない」)。そして、その点においてのみ我々は共同体であり得るのですが、娘の言葉は、そのことを剥き出しの形で知らしめるように思います。

TOP