Top > Media > [淡水録] vol.21 ヘルシンキ・スクールについて

Media

淡水録

原 智治/Tomoharu Hara

1980年、京都市生。大学で画像情報システムを専攻。卒業後、メーカー勤務を経て、京都市入庁。現在は文化行政を担当。

Tomoharu Hara was born in 1980. He graduated from university where he majored in Image Information System. Tomoharu is currently works for Kyoto City, reforming the city's public hospitals.

[淡水録] vol.21 ヘルシンキ・スクールについて

2009.07.18


 過日、友人に「ヘルシンキ・スクール」という写真家の一派を教えてもらった。近年、欧米で注目を集め、先日、資生堂ギャラリーでも紹介されたのだそうだ
 http://www.helsinkischool.fi/

 数年前、十一月の暮、僕はスウェーデンで十日程を過ごした。彼の地、第三の都市、マルメに投宿し、そこからルンドというところへ通って働いた。冬というにはまだ早いが、それでも空気は冷たく澄み、日が暮れると、物寂しさがしみじみと感じられた。クリスマスはまだ遠い。辺りに人通りは少ない。所定の仕事を終え同僚とパブで夕食を食べると、もうすることはない。ホテルのラウンジで本を読むのにも飽き、少し外を眺めて、シーツに潜り込む。
 それは北ヨーロッパの晩秋のことであった。


tansui090718_2.jpg


ヘルシンキ・スクール(ヘルシンキ派)とは、ヘルシンキ芸術デザイン大学の教師、学生、卒業生たちのグループだ。ヘルシンキ・スクールの写真に共通して見られるのは、美しい自然が作り出す風景と、北欧独特の光と色の捉え方、風景の内に表される物語性だという。
一九九六年にヘルシンキ芸術デザイン大学は、一派の活動をサポートするために「ギャラリー・タイク」を立ち上げた。ギャラリーは、展覧会を開き、作品集を出版し、少しずつアーティストたちを世に知らしめていった。次第に、彼らは主要な国際アートフェアで注目を集めるようになり、二〇〇八年にパリの国立高等美術学校、二〇〇九年にはドイツのウォルフスブルグ美術館で展覧会を行った。

 時折、友人から外国のことを聞く。信じられないほど大きくて美しいアイスバーグのことや、熱いマチュピチュのことを。濃いアマゾンの緑を。それらを聞き、僕は強い渇きを覚える。こことは全く異なる空気、温度や風のこと、匂い、吐き気がする程のディスコミュニケーションを、僕は欲望せずにはいられない。

 マルメの夜はどこまでも薄く青暮れてゆく。その記憶は、一本の道を通じて、対岸のコペンハーゲンへとつながっている。コペンハーゲン国際空港のオイルを引いたウッドデッキが、オレンジの光を反射し,白や青をへだてなく混ぜ込んだ空に少しの赤味が足される。
 二つの街は、本来、直接的に関係するものではない。海上を走る真っ直ぐな道でつながっているが、スウェーデンとデンマークは、なお異なる土地だ。両者は、ただ僕の記憶の空の中でのみ溶け合っている。僕が氷山の風景を欲望するとき、その欲望が、僕の眼前の物事を溶かすように、何者かが、僕のマルメと、彼女のコペンハーゲンを、溶かしているのだ。
 眠りに滲む夢のごとく、二つの街は深く果てなく結びつく。


tansui090718_1.jpg


 ヘルシンキ・スクールの、瑞々しい写真群を眺めていると、僕は朱の差す空のことを思い出さずにはいられない。
 一派の写真は、ベッヒャー夫妻とその弟子たちのように、一つの方法論から出てきたものではない。確かに、そこには水や緑が横溢し、物語性や抽象性が共通して感じられる。しかし、ヘルシンキ・スクールの、スクールとしての特徴はそこにはないのではないか。
 彼らの写真を眺めるとき、僕はいつもそこに赤い光を見出す。その色味がどこから来ているものか、未だ僕には判然としない。が、あのマルメの空に薄く滲んだ朱のことを、僕は悲しく思い出してしまうのだ。

ハラトモハル

TOP