Top > Media > [淡水録] vol.29 行政による文化芸術の支援について3

Media

淡水録

原 智治/Tomoharu Hara

1980年、京都市生。大学で画像情報システムを専攻。卒業後、メーカー勤務を経て、京都市入庁。現在は文化行政を担当。

Tomoharu Hara was born in 1980. He graduated from university where he majored in Image Information System. Tomoharu is currently works for Kyoto City, reforming the city's public hospitals.

[淡水録] vol.29 行政による文化芸術の支援について3

2010.08.19

 最後に、二つの困難を指摘したい。実は、前半部で、大阪府当の事例に鑑みて掲げた疑問は、この困難さに関係している。

 一つは、文化芸術の適正な規模を、行政内部において合意することの困難さ。
 文化力の測定というのは必ずしも定量的にできるものではない。文化芸術の社会的価値は、最終的に、関与する者の権力/権威の積算により決定される。その決定のプロセスは不変のものではないし、普遍的でもない。
 文化芸術については、先に述べたとおり、複数の「公共財としての便益」が指摘できる。それらは、必ずしも「府民に根付いて」いなくても発揮されるものである。しかし、その必要性を、技術的妥当性を睨みつつ、有権者が判定するには、予算を提示する行政が、まず評価の枠組を示さなければならない。
 京都市では、かつて「文化力の測定」を真剣に検討したことがある。メディアにおける言説、客観的数値、アンケート調査等を複合的に検討し、大部の報告書をまとめている。それはスマートとは言えないものであるし、全有権者を納得させるものではないかも知れない。継続性にも欠けていると思う。
 しかし、適正規模は、"仮定的であったとしても"示されなければならない。(※10)

 もう一つは、こちらはより根深いものであるが、文化芸術をめぐる"差異"が問題になる。
 ピエール・ブルデューのハビトゥス論を引くまでもなく、文化芸術は、一般に、消費のされ方に偏りがある。個人ごとに、体験、愛着、実感に、大きな乖離がある。(たとえば、多くの方は、普段の生活の中で、現代美術を身近に感じることはないだろう。)
 そのような差異のある場では、正当な論理が機能しないことが往々にしてある。議論が拒絶される、飛躍する、趣味志向レベルに回収される、ということが、そこでは起こる。恣意的に保健医療と文化芸術が比較されるのは、判断力が著しく不調だからというよりも、価値観、理解、愛着に差異があるからであろう。
 どのようにすればその差異を乗り越えられるのだろう?それは、どのようにして良好なコミュニケーションがなされるのか、という問いに近い。あるいは、どのようにして共感が生じるのか、という問いに近い。(文化芸術の力は、そのような差異の現場においてこそ、大いに実感され得るものであろうとは思う。)
 ここに至って、ハーバーマストルーマンの論争や、行政の文化化という古い理念が脳裏をよぎるのだが、それはまた別の話。

ハラトモハル 

※10 行政が、直接、文化芸術を査定することは、困難であるばかりか、好ましくない。英国のアートカウンシルのような専門家組織が必要であろう。
 また、それ以前に、文化芸術の査定のためには、質の高い批評が必須である。たとえば、特にサッカーに詳しくない私でも、W杯の状況くらいは自然と耳にする。そのレベルで、精確な批評が提供されれば、文化芸術をめぐる"差異"は、相当程度、解消されるのではないか。

TOP