Top > Media > [かわや版] vol.70 芸術より人生を、政策よりセンスを

Media

かわや版

堀内 陽平/Yohei Horiuchi

1984年5月23日23時53分、京都市生まれ。双子座。B型。男。尊敬する人は西川顕。現在、新聞社にてお仕事頑張ってます。

Yohei Horiuchi was born at 23:53 on May 23rd in 1984, and grew up in Kyoto. He is Gemini and his blood type is B. His hobby is woman. As a freshman, he currently works hard at a newspaper company.

[かわや版] vol.70 芸術より人生を、政策よりセンスを

2012.02.01

 どうも盛り上がりに欠ける感が否めない。京都市長選。似たような政策が並び、両候補の主張の違いが有権者に伝わりにくいようだ。別に今回の選挙に限った話ではないのだが、報道機関は構図を明確にし、争点や対立軸を持ち出すことに主眼を置く。政策論争という観点からも政策の相違点や中身が問われる云々。だもんで、有権者が投票する際の基準も政策がトップ、次いで指導力、人柄と続く。容姿で選ぶ人は少数派。でも、容姿って大事でしょう。趣味や特技、あるいは好きな芸能人やら映画や音楽の「センス」で決めたっていいじゃないか。むしろ一考すべきだと思う。


 例えば。中村候補の好きな映画は「パイレーツ・オブ・カリビアン」。対する門川候補は「源氏物語千年の謎」。基本的にどちらも見てないのでアレだが、海賊の「正義」のロマンたら、平安時代の京都の魅力とか言われてもねえ。まだジブリ作品の方が投票する気になる。趣味は、中村候補は旅行やスポーツ観戦。門川候補は人間浴と「便きょう会」での便所掃除。奇をてらう後者のタイプは就活の面接で一緒になった場合、仲良くなれたためしがない。居酒屋で最初に注文するつまみは、中村候補の枝豆に対し、門川候補は豆腐。これは悩ましい。判断が難しいぞ。好き嫌いが分かれる。枝豆か豆腐か。今回の市長選は、この「争点」をじっくり考えてから投票しよう。一つはっきりしているのは、2人とも夏場のつまみをイメージしている点だろうけど。


 選挙ポスターもいただけない。公選法の制限があるのではと疑うくらい、毎回、目を覆う惨状だ。キャッチフレーズや政策らしき文字はあるが、プロフィールなどは無論、投票所へ足を運ばせるような「センス」はない。目立ってナンボの世界だろうけど、ナンボなんでも、という完成度。市議選ともなれば、何十枚ものポスターが掲示板に顔をそろえる有様。という訳で、投開票は5日!!!

kawaya120201.jpg


清き一票を mix
外山ハウス/ Unknown
外山テクノ/ Unknown
鳥肌実大先生、、、廃人演説、、、ジョウジ、リミックス/ Unknown
ONE/ 白井愛子

TOP