Top > Event > てつがくカフェ@きょうと  『二重のまち』から考える

About Social Kitchen

ディスカッション てつがくカフェ@きょうと  『二重のまち』から考える

 

15879256_817285761744463_414484456_n.jpgのサムネール画像 

東日本大震災ののち、陸前高田市に移り住んだ画家・作家の瀬尾夏美さんと映像作家・小森はるかさんは、まちの人に話を聞きつつ、絵・映像・言葉などでまちの様子を記録に残していきました。津波でまちの大半がなくなり、そして、復興工事がすすむ陸前高田を、いま展覧会などで全国に伝えています。

「二重のまち」は2031年の陸前高田を設定し、瀬尾さんが書いた作品です。見慣れた風景が何度も変わっていくこと、死者を思い出すこと、死者との距離を思うこと―これらは普段あまり意識しないかもしれませんが、作品を通して考えることで、遠くの出来事としてだけでなく、身の回りのひっかかりを探るヒントになると思い、対話の場を設けました。

今回は「他者との対話を通して、自分たちの考えをたくましくする」ことを目的とした、哲学対話の形式ですすめます。お茶を飲みながら、ゆっくり考えを深めていきたいと思います。

 

日程:2017年1月22日(日)

時間:13:00~15:00

場所:Social Kitchen(京都市営地下鉄「鞍馬口」から徒歩5分)

      http://hanareproject.net/event/2016/11/post-168.php

参加費:500円+ワンオーダーをお願いします

進行役:八木まどか(てつがくカフェ@せんだい スタッフ)

 

八木まどか

在学中の2012年からてつがくカフェ@せんだいのスタッフとして、進行役など務める。現在は会社員。

 

《参考》

瀬尾夏美「二重のまち」 ※当日はテキストを用意します

https://www.facebook.com/notes/natsumi-seo/%E4%BA%8C%E9%87%8D%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%A1/1039931952715625/

 

「小森はるか+瀬尾夏美」の活動について

http://komori-seo.main.jp/blog/

 

「てつがくカフェ@せんだい」の活動について 

http://tetsugaku.masa-mune.jp/index.html

  • 講師:進行役:八木まどか
  • 日程:2017年1月22日(日)
  • 時間:13:00~15:00
  • 料金:500円+ワンオーダーをお願いします
  • 企画:kitchen hanare
  • 問合せ:8keruko8@gmail.com (金谷)

TOP