Top > Event > Tape: The Surface of Japan's Subway Platforms

About Social Kitchen

展覧会 Tape: The Surface of Japan's Subway Platforms

 IMG_5526.jpg

 

会期:2016年7月29日(金)〜8月12日(金)12:00〜20:00

アーティスト:スティーブン・サイデンバーグ、キャロリン・ホワイト

レセプション:7月31日(日)16:00-19:00

 

2015年、スティーブン・サイデンバーグは写真を基礎媒介として、東京の地下鉄で使用されている乗客用の方向指示用のテープ、境界線の印、危険区域の表示、それらを設置する作業員等の調査に着手した。

サイデンバーグの写真はそれらの要素の特異性と創造性を引き出し、各写真の地理学的、ミニマリズム的絵画表現の限定性を使用して組み立てられ、視覚的フィールドにおいて近年の記録されざる風景へと誘う。


このようなランドスケープの機能はその他のもののように、腐蝕、褪色、移ろいゆく形から形への影響、またはオリジナルの意図の制約そして目的を持ったデザインより離れる。

展示は102cm x 154cmのカラープリントで構成されており、アーティストが記録することを許された二つの要素、空前のスケールで能動的に消えゆく世界と、空間を作り上げているありふれた日常的要素からの奇妙な美しさという視点を見ることができる。

 

In 2015, Steven Seidenberg embarked on a photography-based exploration of the tape used in Tokyo subway stations to provide direction for passengers, mark borders, indicate areas of caution, and instruct construction crews. 

Seidenberg's photographs bring forward the idiosyncrasies and creativity employed in the application of these marks, using the limits of each photograph to compose a painterly rendering of geographic minimalism, a previously undocumented landscape at the base of the visual field. This landscape functions like all others, decaying, fading, drifting from form to form beneath and beyond the constraints of original intent and purposeful design. 

The exhibition consists of 102cm x 154cm color prints, allowing the artist to document at unprecedented scale a world that is actively disappearing, constructing an uncanny aesthetic perspective from these otherwise quotidian elements of the built environment.

  • 講師:
  • 日程:2016年7月29日(金)〜2016年8月12日(金)
  • 時間:12:00〜20:00
  • 料金:無料
  • 企画:
  • 問合せ:

TOP