Top > Event > 台所音楽「堀尾寛太 × contact Gonzo 再び!」

About Social Kitchen

イベント 台所音楽「堀尾寛太 × contact Gonzo 再び!」

3年前のあの日も、堀尾寛太とコンタクトゴンゾは筋肉とインテリジェンスとユーモアを持ち合わせ激突した。またもや奴らがぶつかりあう。


とどまるフィールドを持たず、たえずジャンルバスターのように活動する堀尾寛太とコンタクトゴンゾ。
堀尾寛太はアーティストとしての活動のみならず、多くのアーティストのコンサートやエキシビジョンなどで電子でバイスのエンジニアとして活動している。
コンタクトゴンゾは国内のみならず世界の各都市でパフォーマンスやエキシビジョンに招聘され、昨年12月には写真家ホンマタカシとの舞台作品を完成させた。
二組とも現在アジアの各都市で開催されている「Media/Art Kitchen」に参加するなど、アジアを代表するアーティストである。

そんな彼らの、Social Kitchenでは2011年2月ぶりの2組によるコラボレーションライブを開催します。
是非とも目撃ください。


|Profile:


sk_140301_gonzo.png


contact Gonzo (コンタクト・ゴンゾ)


2006年結成。contact Gonzoとは、集団の、そして方法論の名称、つまりローファイなスパークである。肉体の衝突を起点とする独自の牧歌的崇高論を構築し、パフォーマンス作品や、映像、写真作品を制作。その背後には山がある。現在、事務所を自分たちで作りながら、そのスペースで時速百キロで飛ぶ果物を受ける肉体を観察したり、耳を澄まし たりしている。メンバーは個々においてもそれぞれの分野で作品を発表、もしくは料理や読書等をしている。セゾン文化財団助成対象アーティスト。
>> http://contactgonzo.blogspot.jp


sk_140301_kanta.jpeg


堀尾寛太(ホリオカンタ)


電磁石・モーター・LEDなどによって作られた動きや光、音、磁力、それらを相互に変換するエレクトロニクスを組み合わせ、パフォーマンスやインスタレーション作品をつくり、国内外で発表している。 また電子デバイスのエンジニアとして、コマーシャルな展示・映像・プロトタイピングなどのプロジェクトに参加している。 東京在住。
>> http://kanta.but.jp/

  • 講師:
  • 日程:2014年3月1日(土)
  • 時間:open18:30/start19:00
  • 料金:入場料:1,500円(※予約不要)
  • 企画:
  • 問合せ:

TOP