Top > Event > 空っぽ「ぽんぽこりん♪」 vol.10

About Social Kitchen

パフォーマンス 空っぽ「ぽんぽこりん♪」 vol.10

2011年4月に持ち時間8分というセッションを行う機会があり、たった8分なのに必死で成し遂げたことから二人共に「まだまだ修行が要るネ ! 」と話し合い「空っぽ・プロジェクト」を立ち上げました。そしてこの一年、月に一度の修行の場として 空っぽ「ぽんぽこりん♪」をおこなってきました。
 

120714_karappo_01.jpg

[空っぽ「ぽんぽこりん♪」 vol.9 より]

空っぽ「ぽんぽこりん♪」vol.10  プログラムご紹介


宮北裕美(ダンス)
昨年の5月から1年間、空っぽ「ぽんぽこりん♪」修行を続けてきたおかげで、少しだけ空っぽになることができました。そして今回から、空っぽになったところへあらゆるものをぶちまけるのです。サンバ、ルンバ、カーニバル、色とりどりに弾ける満艦飾(Man Can Shock!!)のペインティングパフォーマンスをおこないます。

鈴木昭男(音)
人それぞれによく発する言葉があって、ひろみさんは時々「何んなのよぉ !」が出る。これは、飼い猫のコトちゃんが仏頂面なんかしている時に聞く。あきにゃんはというと「満艦飾 !」って言うらしい。これは、何かの状態を批判的に言ってたに過ぎない。そして、そんなに頻繁に使った覚えもなく、むしろ「お先にどうぞ !」が、祖父譲りで、フランスに行った時も最初に習ったのが「ジュ ヴ ザンプリ アプレヴ ! 」なんだから・・・。兎に角、ひろみさんが ” Man Can Shock “と懸けて表明したつぎなる姿勢に寄り添って、「音」によっても感動をもたらす術を磨いてみたいナ。お手柔らかに !!

 

120714_karappo_02.jpg

[空っぽ「ぽんぽこりん♪」 vol.9 より]


宮北裕美
兵庫県伊丹市出身。イリノイ大学芸術学部ダンス科卒業。サウンド・アーティストや美術家とのコラボレーションを展開。近年は文化庁メディア芸術祭や京都市 美術館でのパフォーマンス、ダンス作品「i.i.の死」の発表、初個展「S・P・A・N・K」など様々な角度から身体表現の可能性を探っている。猫好き。  http://miyakita.exblog.jp

鈴木昭男
70年に自修イベントの中から生まれた音器・ANALAPOSを、今も操っている。'88年には、自然の一日を聴くプロジェクト「日向ぼっこの空間」を子 午線最北(丹後)で遂行。'96年のソナムビエンテ・フェスティバル(ベルリン)以来、プロジェクト「点 音(おとだて)」を卒業出来ないでいる。どら焼きが好き。 http://www.akiosuzuki.com


■スタッフ:五十川あき 大泉愛子 鈴木孝平 高田裕也 小山敦資
■空っぽ「ぽんぽこりん♪」 http://karappo.akiosuzuki.com/

  • 講師:
  • 日程:2012年7月14日(土)
  • 時間:15:00~
  • 料金:1,000円 *定員:30名
  • 企画:空っぽ「ぽんぽこりん♪」 
  • 問合せ:akinyan@akiosuzuki.com

カテゴリー

TOP