Top > Event > Lecture by Keith Pasko @Kissa hanare

About Social Kitchen

レクチャー Lecture by Keith Pasko @Kissa hanare

「プログラミング X クッキング」
*English text follows Japanese

hanare050310.jpg

料理とプログラミングという共通点がなさそうな2つの分野の関連性について話すレクチャーを開催します。今回レクチャーを担当してれるのは、Graffiti Research Labが共同で開発する「EyeWriter」にも関わったプログラマーであり、料理のケータリングサービスも行うKeith Pasko (キース・パスコ)です。

手仕事的複雑さと即興性をもつ料理というものを伝えるのは非常に難しいことです。しかし、それらはレシピや料理本という記述法の長い歴史をもっています。どのようにすれば、プログラマのために開発されてきたテキスト形式や協働の方法が、料理に関するテキストのあり方を補い、増大させることができるでしょうか。ソーシャルコーディングという概念を、ソーシャルクッキングという概念に展開、拡張することはできるでしょうか。そして、オブジェクト指向*のプログラムの方法論は、どのようにすれば、料理の過程や、料理教育に展開され得るでしょうか。今回のトークでは以上のような問いを発し、また、個人的経験である料理というものを共有・記録するためのツールの開発法と、料理についての理解をより広いオーディエンスに向けて広める方法を探りたいと思います。

※「ある機能群を一つのかたまり(オブジェクト)として取り扱う」というパラダイム、思考の方法。オブジェクト指向の枠組みが持つ道具立ては、一般的で強力な記述能力を持ち、特に複雑なシステムの記述においては、この考え方は必須であるといえる。

キース・パスコ
25歳、168cm、58kg。現在アメリカのスタンフォード大学でシンボリックシステム(象徴的システム)という、コンピューターサイエンス、言語学、哲学、心理学、コミュニケーション、教育を複合的に扱った修士プログラムに在籍中。UCLAでデザインとメディアアートを学ぶ。グラフィックと双方向コミュニケーション用のプログラミングをする傍らで、男二人ユニットで、フードケータリングサービスをアンダーグラウンドに行う。ビール、ウィスキー、ジン、日本酒、アブサン、量子力学、アオリイカを愛する。Graffiti Research Labが中心となって開発した、アイライター「Eyewriter (半身不随の人が目の動きだけで、レーザーグラフィティを描くことができるシステム)」の開発にも関わる。

[日時]5月3日(月)20:00~(プレゼンテーション21:00~)
[場所]喫茶はなれ
※場所が分からない方は、info(at)hanareproject.netまでご連絡ください。

"Coding x Cooking"

While the intricacies of the tactile and improvisational art of cooking are very difficult to communicate, they have an ancient history of taking written form in the recipe and the cookbook. How can the processes of textual organization and collaboration developed for coding communities supplement and augment these textual forms? Can the ideas of social coding extend to and enhance social cooking? Further, how can the methodologies of object-oriented programming itself extend to the cooking process and culinary education? This talk hopes to address these questions, and explore ways in which tools can be developed to help document and share the individual cooking experience, as well as spread an understanding of cooking to a broader audience.


Keith Pasko
25, 5'6", 58kg, is pursuing an MS in Symbolic Systems at Stanford, and received a BA in Design and Media Art at UCLA. He has spent time coding for graphics and interaction, and as one half of a two-man underground catering service. His passions include beer, whisky, gin, sake, absinthe, quantum mechanics, and aori ika." He was part of the project to develop "EyeWriter."*1

*1"The EyeWriter project is an ongoing collaborative research effort to empower people who are suffering from ALS with creative technologies.
It is a low-cost eye-tracking apparatus & custom software that allows graffiti writers and artists with paralysis resulting from Amyotrophic lateral sclerosis to draw using only their eyes"


[Date&Time] 5.3(Mon)20:00〜 (Presentation starts from 20:00- )
[Location] Kissa hanare
*If you don't know our address, please email info(at)hanareproject.net



[Report] 5/3 lecture by Keith Pasko [JPN]

Report of the lecture by Keith Pasko on May 3 is updated here.
5月3日に開催したキースパスコのレクチャーレポートをblogにアップしました。
 

  • 講師:-
  • 日程:5月3日(月)
  • 時間:20:00~(プレゼンテーション21:00~)
  • 料金:-
  • 企画:
  • 問合せ:

カテゴリー

TOP